• HOME
  • 混浴STYLE
  • 宮城県
  • 川が温泉!源泉が吹き上がりまくる吹上地獄谷の野湯【鳴子温泉郷 混浴巡りの旅】

川が温泉!源泉が吹き上がりまくる吹上地獄谷の野湯【鳴子温泉郷 混浴巡りの旅】

宮城県

こんばんは、蜜月檸檬です。

前回の「鬼首温泉 とどろき旅館」から移動して向かったのは東側にある吹上温泉の地獄谷遊歩道。
まるで昔ばなしの地獄のようにぐつぐつと川沿いのいたるところから温泉が吹き上がる場所です!

吹上地獄谷の体験レポート

駐車場から歩いて遊歩道へ

地獄谷遊歩道は、鬼首かんけつ泉より少し山側にあります。

駐車場があるので車を停めて歩きます。

入ることができる湯温になっている場所があると聞いたので行ってみます!

駐車場から階段を降りて進むと遊歩道の木の床が心地良い。

吹上鬼橋を渡ります。

橋を渡って歩いて行くと遊歩道沿いに温泉が湧き出ています。

名前のついたお湯の看板の横でボコボコと湧いています。
たぶん触ると火傷しちゃいます。

冬のお天気の悪い日だったらもしかしたら少し怖いかもしれませんが、新緑が広がり始めた気持ち良い春の日だったのでハイキング気分です♪

川が見えてきました!

紫地獄と卵湯

紫地獄はお湯が高温過ぎるのか周りが黒く焦げたようになっています。
激しく立ちのぼる湯気。
紫地獄が一番「地獄っぽい」かもしれません。
もちろん紫地獄には近寄ることはできません。

紫地獄の手前には卵湯があって温泉卵を作ることができます。

いよいよ川の温泉に入浴!

下の旅館で川も温かくて入れるとお聞きして来てみましたが、
川の湯温を触ってみると下流の「雷の湯」あたりが一番ほどよく温かかったのでここで入ってみることに。

川…ですよね。笑

湯温がほどよいのは、下流なので湧き出ている各温泉がたくさん流れ込んでいるからだと思います。
それでもちょっとぬるめなので冬は入れないかも。

この時は周りに人がいませんでしたが、歩いている人がいたら水着があると入りやすいかもしれません。

川沿いの露天風呂というのはありますが、源泉が流れ込んで川が温泉になっているのは初めての体験でした!

荒湯地獄と片山地獄

以前は野湯になっていた荒湯地獄

地獄谷遊歩道より山の方面へ車で15分くらい行くと荒湯地獄と片山地獄があります。
以前は野湯になっていて入ることができたと聞いて行ってみることに。

片山地獄は手前の発電所の工事で通行止めのため行くことはできませんでした。

荒湯地獄へ行ってみると…

こんなところにたどり着きました。

広大な砂場のような場所の所々からぐつぐつお湯が湧いています。

もしかしたら誰かが作った湯船があるかも!?
と淡い期待をしていましたが残念ながら入れるような場所はありませんでした。

スコップを持って行ったら湯船を作れるところがあるかもしれませんが、源泉のガスがすごいのでちょっと危険かもしれません。

2019.6.10追記
荒湯地獄の場所が少し違っていたようで、現在も野湯として入浴することができるそうです。
またチャレンジしたいと思います!
情報のご提供をいただきありがとうございました♪

地獄の帰り道は美しい

荒湯地獄の帰り道は、遠くには雪が残る山が見え、近くには新緑と桜が咲いて美しかったです。

春ならではの雪残る山の絶景!
ドライブに行くのもオススメです。

次回は、地獄谷遊歩道のすぐ下にある旅館の、滝の混浴露天風呂をご紹介します!

鬼首温泉の宿一覧・宿泊予約はこちら(楽天トラベル)

吹上地獄谷の詳細情報

評価

混浴STYLE 総合評価 3.5
泉質
適温
設備
清潔感
雰囲気
眺め
穴場度
丸見え度
カップルにおすすめ度

所在地・温泉情報

施設・旅館名 吹上地獄谷
ふきあげじごくだに
所在地 〒989-6941 宮城県大崎市鳴子温泉鬼首吹上16
連絡先
温泉名 鳴子温泉(なるこおんせん)> 鬼首温泉(おにこうべおんせん)
泉質
お風呂 野湯
日帰り温泉
備品
湯浴み着
タオル着用

Googleマップ

鬼首温泉の宿一覧・宿泊予約はこちら(楽天トラベル)

蜜月檸檬(みつげつれもん)

混浴温泉に魅せられて全国の秘湯をめぐっています。 「混浴STYLE」を運営。ライター、混浴温泉モデルも担当。 Jタウンネットで混浴コラム連載中です。

プロフィール

同じ都道府県の混浴を見る

  • コメント ( 2 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. トシ&ユカ

    檸檬さん、こんにちは。
    以前にも1回コメントを送付したことがあるので、2回目の投稿です。
    鬼首の地獄めぐりに続く、荒湯地獄の記事拝読しました。
    檸檬さんが訪問された荒湯地獄の場所はちょっと違っています。
    なので入浴できるような場所が見当たらなかったわけです。
    現在でも私たちのような野湯(秘湯)ファンは荒湯地獄を楽しませていただいていますので、
    次回訪問の機会がありましたら、場所など解説させていただきます。
    是非ご連絡下さい。

    • トシ&ユカさん、こんにちは。
      ブログを読んでいただきありがとうございます(^-^)

      荒湯地獄は場所が違っていたのですね!
      情報をいただきありがとうございました!
      また訪問する機会があればその時はご連絡させていただきますので教えてください♪