• HOME
  • 混浴STYLE
  • 山形県
  • 「滑川温泉 福島屋」(山形県)女性も泊まりやすい本物の秘湯の宿【紅葉の東北で秘湯混浴巡りの旅】

「滑川温泉 福島屋」(山形県)女性も泊まりやすい本物の秘湯の宿【紅葉の東北で秘湯混浴巡りの旅】

山形県

福島県から山形県へ旅する混浴めぐり。
宿泊の旅館、滑川温泉「福島屋」へ!

旅館に撮影&掲載の許可をいただいて掲載しています

福島屋の行き方

福島屋」はJR奥羽本線にある1日6本の電車しか停車しない無人の「峠駅」から旅館の送迎があります(宿泊者のみ)

車で行く場合は、国道13号線から板谷方面を通るルートで山へ入っていきます。
ところが私はうっかりスマホのGoogleマップの経路に出ている近道に見える道へ。
これが間違いでした。
道はだんだんと大型車は絶対に通れない険しい山道に。
いつ行き止まりになるのかハラハラ。
鬱蒼とした山の中でだいぶ薄暗く感じる道。
カーナビは「Uターンです!」を連呼。
ちょっと恐怖すら感じてきた「Uターンです!」を無視して走りました。
今更戻れません。
ひたすら走って、というより山道なのでスピード出せずに走って、やっとカーナビが認識する舗装された道路へ合流。
やったあ!
ありがとうGoogleマップ!
でも時間は遠回りに見える舗装された道で行くのと変わりませんでした…。
※「福島屋」へ行く時には舗装されたルートで行くことをおすすめします。笑

やっとたどり着いた場所には、思っていたよりも綺麗な宿が待っていました。

福島屋の体験レポート

福島屋」さんは私の勝手なイメージで登山の時の山小屋のような宿泊施設かと思っていたのですが、良い古さを残しつつ綺麗にされている素敵な宿でした。

旅館のすぐ横は川が流れていて滝もあります。

旅館の入口の向こうには美しく染まった紅葉の山。

福島屋」さんは日本秘湯を守る会の旅館です。

旅館のロビーからも川と紅葉が眺められます。

山の宿らしい雰囲気。
宿泊棟と自炊棟があります。

館内は壁紙や水回りも新しく気持ちが良い。
室内全て新しくリフォームされたトイレ付きのお部屋と、
昔からの雰囲気を残しつつ手入れされたお部屋があります。
お手洗いは新しいウォシュレットですよ。

簡素な美しさのある内湯の混浴大浴場

混浴ののれんの先には脱衣所があります。

脱衣所は男女で分かれています。

期待高まる脱衣所から入ると…

混浴内風呂の窓からは美しい紅葉!

混浴内風呂の洗い場にシャワーはありません。
男性は内湯がここだけなので洗髪は若干しずらいかも。
女性は女性専用の内風呂にシャワーが付いているので安心です。

古い温泉旅館のこういう水回り部分ってどこまでがお湯が石灰化しているのか何なのか謎のエリアになっているところが多いのですが、こちらの旅館は清掃がきちんとされているので恐る恐る桶やシャンプーを触るということなく気持ちよく利用できます。

女性専用内風呂

女性専用内風呂は混浴内風呂のすぐ近くにあります。

奥にシャワーが付いています。
半円の湯船とシンプルな浴室が良いですね。
女性の内風呂は曇りガラスなので外は見えません。
混浴内風呂と同様に桶や椅子などを含めて綺麗に清掃されています。

桧(ひのき)の混浴露天風呂

旅館の裏口から露天風呂へ。
ふたつある露天風呂のうち、この桧の露天風呂は夕方〜朝の時間は貸切でそれ以外が混浴です。

岩の混浴露天風呂

桧の露天風呂を通り過ぎて一番奥が岩の露天風呂です。

一部の時間は女性専用になりますが、それ以外は混浴で入ることができます。

脱衣所は露天風呂の奥にあるので、露天風呂の前を通って脱衣所で着替えてから出てきます。
人が多いとちょっと注目されちゃいます。

川の目の前で気持ちいい!

程よいぬるめのお湯にのんびり浸かって見上げる秋の景色。

紅葉がお湯に映って、紅葉の中に包まれているみたいでした♪

混浴は20歳くらいのカップルにもお会いしました。
旅館が綺麗だと女性や若い世代にも人気が出ますよね。

撮影ウラ話

岩の混浴露天風呂の周りに落ち葉がたくさんあったので、湯船のそばで横たわり落ち葉を体にかけて写真を撮ろうとしていたところ、女性専用時間へ切り替えのお知らせに旅館のスタッフさんが…
飛び上がる私(///∇///)

スタッフさんはちょっと笑いながら立ち去っていきました。

きっと「全裸で落ち葉を体に着けて何やっていたんだろう…」と思いながら去っていったに違いありません。
スタッフさんの気持ちを想像してその後しばらく自分に笑っちゃいました。
笑っちゃって落ち葉人間になった写真も撮らずじまい。
スタッフさん驚かせてすみませんでした!

混浴露天風呂の湯上りに川沿いを散歩。
湯上りもポカポカです。

旅館の食事

夕食はヘルシーコースにしたので軽めですが、どの料理も手が込んでいて満足感がありました。
山菜や鯉のあらいも美味しかった。
焼き魚に添えられた紅葉も良いですね。

朝食もシンプルですが美味しかったです。

食事は夕食も朝食もお部屋でいただきました。
お部屋からも山や川を眺めることができます。

温泉も旅館もとっても好きになりました。
ありのままで飾らず、女性も安心して泊まれる清潔感。
女性スタッフが多いのも嬉しかったです。
また絶対に来たい旅館です♪

滑川温泉福島屋の宿泊予約はこちら(楽天トラベル)

米沢八湯会スタンプカード

日帰り入浴・宿泊でスタンプをもらえます。

米沢牛や銘酒が当るかも!
応募期間は2020年3月31日までなのでゆっくり巡ることもできそうですね。

Jタウンネットのコラム連載 第二回が本日公開!

Jタウンネットに連載させていただいているコラムの第二回が本日公開されました!
今回は特別に「福島屋」のコラム公開にブログを合わせました。
ブログは写真を中心にレポートとして書かせていただいていますが、Jタウンネットでは文章を中心に情感の濃いコラムになっていますのでぜひ読んでみてくださいね♪

Jタウンネット
人里離れた混浴秘湯で、大自然の開放感に酔う 知る人ぞ知る絶景露天【山形・福島屋】

https://j-town.net/tokyo/column/gotochicolumn/268332.html?p=all

福島屋の詳細情報

混浴STYLE 総合評価 5
泉質
適温
設備
清潔感
雰囲気
眺め
穴場度
丸見え度
カップルにおすすめ度

施設・旅館名 福島屋
ふくしまや
所在地 〒992-1303 山形県米沢市大沢15番地
連絡先 0238-34-2250
温泉名 滑川温泉(なめかわおんせん)
泉質
お風呂 混浴:露天風呂2、内湯1
他に女性専用の内湯1
日帰り温泉 時間:9:00~16:00
営業期間:4月下旬~11月上旬(雪の状況によっては、延長、短縮もあり)
備品 シャンプー、リンス、ボディシャンプー(ドライヤーはフロントで貸してもらえるので部屋で使えます)

蜜月檸檬(みつげつれもん)

混浴温泉に魅せられて全国の秘湯をめぐっています。 「混浴STYLE」を運営。ライター、混浴温泉モデルも担当。 Jタウンネットで混浴コラム連載中です。

プロフィール

同じ都道府県の混浴を見る

  1. この記事へのコメントはありません。