• HOME
  • 混浴STYLE
  • 栃木県
  • 「湯守田中屋」(大網温泉)大迫力の渓谷にある露天風呂!【秋の那須塩原で混浴温泉巡りの旅】

「湯守田中屋」(大網温泉)大迫力の渓谷にある露天風呂!【秋の那須塩原で混浴温泉巡りの旅】

栃木県

紅葉も色づきはじめた那須塩原の混浴温泉巡り。
ずっと行きたかった温泉旅館「湯守田中屋」の日帰り入浴へ。

湯守田中屋の行き方

湯守田中屋」は塩原温泉の東側にあります。
(このページの下にGoogleマップの地図があります)

旅館の前の道沿いの駐車場に車を停めたらフロントで受付をします。
駐車場の横から川のほとりの露天風呂へ降りる石階段があります。

川はかなり下なので階段の道のりは長いです。
足腰の元気な方じゃないと露天風呂へ行くのは大変だと思います。

しばらく石階段を降りると見えてきました…

美しいエメラルドグリーンの川が!

やっと露天風呂へ到着。

川がこんなに綺麗な色だと思わなかったので感動です。

湯守田中屋の混浴体験レポート

混浴露天風呂は3つあってまずはこの岩の露天風呂に到着します。

とっても広い湯船ですね。

川の一段上にあって山々の大自然を満喫できます。

目の前の滝も見えて本当に大迫力の素晴らしい景色ですね。
旅館のホームページなどの写真で見て想像しているよりもすごい迫力の景色です。

露天風呂のすぐ横に囲いのない脱衣所(棚)があるので脱ぐところは丸見えですがサッと脱いで入りましょう(。’ᴗ’。)

川の上流が見えるので奥行きがあり広大な渓谷を感じることができますね。

川を覗くと力強い川の流れを眺めることができます。

 

この日はお天気も良くて最高でした。
屋根がないので雨の日はちょっとツライかもしれませんね。

お湯はスッキリした無色透明で少し熱め。
この日はお天気が良かったので熱めに感じましたが、涼しい日にはちょうど良いと思います。

この日は入れ替わり立ち替わりで他にもお客さんがいました。
お湯が無色透明なので丸見えですが露天風呂が広くてこの下にも露天風呂があるので、他のお客さんがいてもあまり気にならないで入ることができると思います。

川沿いの露天風呂も

下の川沿いの2つの露天風呂へは、岩の露天風呂の横から裸のまま更に川へ降りて行きます。

この日は台風の後で川の水が少し流れ込んでいて川沿いの露天風呂は1つしか入ることができませんでしたが川のすぐそばでした。

さすが湯守田中屋さんの露天風呂でした!

湯守田中屋さんにも泊まりたいと思っていたのですが、この日は満室で予約ができませんした。
さすが人気の湯守田中屋さんの露天風呂
本当に素晴らしい体験ができました♪

紅葉シーズンはもうすぐ。
那須塩原は11月1週目くらいがちょうど紅葉の見頃みたいですよ。

温泉を満喫してさっぱりした帰り

忘れてました…

あの長い階段を降りてきたことを(>_<)
かなりヒーヒー言いながら階段を登って帰りましたよ。笑

湯守田中屋」の日帰り入浴は日・水・木の週3日のみなので曜日を確認して行きましょう(。’ᴗ’。)

湯守田中屋の宿泊予約はこちら(じゃらん)

湯守田中屋の詳細情報

混浴STYLE 総合評価 5
泉質
適温
設備
清潔感
雰囲気
眺め
穴場度
丸見え度
カップルにおすすめ度

施設・旅館名 湯守田中屋
ゆもりたなかや
所在地 〒329-2921 栃木県那須塩原市塩原6
連絡先 0287-32-3232
温泉名 塩原温泉(しおばらおんせん)
泉質 硫酸塩泉
お風呂 混浴:露天風呂3
他に女性専用露天風呂、内湯あり
日帰り温泉 受付時間:11:00〜15:00(14:00受付終了)
営業日:日曜日・水曜日・木曜日
料金:1,000円
日帰り入浴は露天風呂のみ
備品

蜜月檸檬(みつげつれもん)

混浴温泉に魅せられて全国の秘湯をめぐっています。 「混浴STYLE」を運営。ライター、混浴温泉モデルも担当。 Jタウンネットで混浴コラム連載中です。

プロフィール

同じ都道府県の混浴を見る

  1. この記事へのコメントはありません。