• HOME
  • 混浴STYLE
  • 山梨県
  • 「赤石温泉」(山梨県)昭和初期の匂いがする山奥の温泉旅館【富士登山と混浴巡りの旅】

「赤石温泉」(山梨県)昭和初期の匂いがする山奥の温泉旅館【富士登山と混浴巡りの旅】

山梨県

富士登山と一緒に楽しむ山梨県の混浴巡りの旅。
二日目の宿泊旅館「赤石温泉」へ。

赤石温泉の行き方

中部横断自動車道「増穂インター」から西側の413号線の山道を登っていきます。
夜は街灯もほとんどないような山道になります。
(このページの下にGoogleマップの地図があります)

旅館の場所に辿り着くと、旅館の名前の看板には電気がないのですが(木製のため)
旅館へ入る坂道の柵にイルミネーションが点いています。
旅館の周りには街灯が全くないので、その雰囲気がかなり不安になりますが勇気を出して(笑)旅館へ入って行きましょう。

明るい時の旅館。
優しい女将さんが迎えてくれるので安心です。
旅館の外観は日本昔話風な雰囲気ですね。

こちらは日本秘湯を守る会の旅館です。

赤石旅館の体験レポート

旅館の雰囲気

入口からの廊下です。
旅館の中はかなり暗めです。
夜でもほとんど電気が点いていないので一人で部屋から出るのは怖かったです。
部屋の前の廊下の突き当たりに本物そっくりの犬の置物があって悲鳴を上げました(笑)

フロントの隣に休憩所もあります。

廊下は半分壁がないので半屋外みたいな感じです。
そのため虫は旅館内に飛んでいます。

解放されているので気持ちが良いですね。

夕食は、鹿や鯉や川魚などの女将さんの手料理が並びます。
田舎の親戚のお家に招かれたような雰囲気です。
鯉や魚は旅館の入口の池に泳いでいました。

旅館もご主人も女将さんも独特の雰囲気があります。
なんだか昭和の小説に出てきそうな感じ。

他の旅館ではなかなか味わえない昔ながらの山の旅館の雰囲気を楽しむには良いと思います。

混浴内湯

さあお風呂へ!
内湯は旅館の1階にあります。
男女別々の脱衣所から入るとすぐに同じ内湯につながっています。

いったいここは!?

壁には山々の絵
水車や神社などの置物
所々に飾られている造花たち

昭和の初期に栄えた観光地みたいな
秘宝館の一角みたいな
そんな色々と手が込んでいて不思議な世界になっている気がします。

よくある温泉旅館の
「あ〜いいお湯だったね〜」みたいな
風呂上がりの達成感やさっぱり感とは違って
どちらかというとほっこりした感じですね。

あと、バスタオルはないみたいです。
新品の手ぬぐいはいただきました。

混浴露天風呂

混浴露天風呂は旅館へ入ってきた坂道を降りて道を渡った場所にあります。

ちょっと歩いて行きます。

昭和っぽい手作りの看板が味を出してますね。

露天風呂の入口から入っていくと…

思っていたよりかなりスケールが大きいです!

湯船がいくつかあります。
でもこの日は奥の湯船以外は冷たかったです。

 

高台にあって緑に囲まれていて下の方には川が流れているので開放感があります。

入ってみると気持ち良い〜♪

この露天風呂がなかったらちょっと物足りなかったですが入ることができて良かった!

露天風呂の奥にはテラスみたいな場所もあります。

ここで結構ドラマなどの撮影もされているそうです。

たぶん手作りしたご主人ほんとすごいですね!

女性専用露天風呂

女性専用の個室のような露天風呂もありました。

露天風呂の洗い場

 

露天風呂エリアはかなり広かったですが8月の繁忙期は混んでいるのかな。

8月以外は土日祝しか混浴露天風呂に入れないようです。
上記の日でも入れない可能性もあるので行かれる方は必ず確認してくださいね。

この露天風呂は広くて珍しくて入ることができて良かったなあと思います。
日帰り入浴でも楽しめるので良いですね(。’ᴗ’。)

赤石温泉の宿泊予約はこちら(楽天トラベル)

赤石温泉の詳細情報

混浴STYLE 総合評価 3
泉質
適温
設備
清潔感
雰囲気
眺め
穴場度
丸見え度
カップルにおすすめ度

施設・旅館名 赤石温泉
あかいしおんせん
所在地 〒400-0514 山梨県南巨摩郡富士川町平林3243
連絡先 0556-22-5188
温泉名 赤石温泉(あかいしおんせん)
泉質 酸性-鉄-硫酸塩泉
お風呂 混浴:内湯1、露天風呂1(湯船は数種類あり)
※露天風呂は宿泊者も8月以外は土日祝のみ入ることができる。
他に女性専用の内湯1
日帰り温泉 混浴露天風呂は4月第3週の土日〜営業開始
8月全日と他の月は土日祝営業
営業時間等要確認
宿の営業は例年3月中旬~12月中旬で、冬期休業
備品

蜜月檸檬(みつげつれもん)

混浴温泉に魅せられて全国の秘湯をめぐっています。 「混浴STYLE」を運営。ライター、混浴温泉モデルも担当。 Jタウンネットで混浴コラム連載中です。

プロフィール

同じ都道府県の混浴を見る

  1. この記事へのコメントはありません。