• HOME
  • 混浴STYLE
  • 熊本県
  • 「奥の湯」(黒川温泉)自然の中で湯巡りできる混浴【初夏の九州混浴温泉巡り】

「奥の湯」(黒川温泉)自然の中で湯巡りできる混浴【初夏の九州混浴温泉巡り】

熊本県

九州の混浴温泉巡り、黒川温泉の旅館「奥の湯」へ。

黒川温泉 奥の湯

奥の湯の行き方

黒川温泉の中心から少し東にあり、旅館「夢龍胆 (ゆめりんどう)」の近くの橋を渡ってすぐの道を山へ入っていきます。
木々の中を道なりに入っていくと旅館が右側に見えてきます。

受付を済ませたら旅館の中を通ってお風呂の場所へ。

お風呂への途中には休憩所や蒸し卵もあります♪

奥の湯の混浴体験レポート

混浴露天風呂へは、男女別の脱衣所と内湯を通って行きます。

男女別脱衣所→男女別内湯→混浴
という流れでつながっていると混浴へ入りやすいので良いですね。
旅館「樹やしき」も同じでした。
日帰り入浴でも内湯にそのまま入れるので洗髪や体を洗うこともできますね。

内湯を通って混浴へ。

黒川温泉 奥の湯

混浴は3種類ありますが、まずは山を眺めることができる露天風呂に出てきます。

男性の露天風呂は混浴だけなので宿泊者の団体で賑わっていました。
奥の湯」の場合は混浴が好きで温泉に来ている方は少なくて、宿泊して混浴しか露天風呂がないので入っている男性が多い雰囲気でした。

この日は雨でしたが藁葺き屋根の部分があるので雨に濡れずに入ることもできました。

こちらの露天風呂のすぐ隣に洞窟風呂があります。

入って行くと…

洞窟の中から見える緑がキレイ。

洞窟風呂は落ち着きますね。
2名〜4名くらい入れるくらいの広さです。

お湯の温度も少し熱めなので洞窟風呂は長くは入っていられず今度は川風呂へ。

雨だったので轟々と川の流れがすごくなっていました。

 

川風呂は屋根がないので、普段のお天気のいい日は気持ちが良いと思います。

奥の湯」は脱衣所に手ぬぐいや綿棒などのアメニティも置いてあり心づかいがとても嬉しかったです。
しっとりとした混浴というよりは明るい賑やかな雰囲気の混浴でした。

奥の湯の宿泊予約はこちら(楽天トラベル)

プレゼントやお祝いにもおすすめのペア宿泊券

黒川温泉「奥の湯」は楽天で購入できる「ご宿泊ご招待券」があります。
お中元やお歳暮などのギフト、父の日や母の日のプレゼントにも良さそうです。
贈答品や景品にも良いですね。

黒川温泉「奥の湯」
1泊2食付きペア宿泊券(楽天)

詳細情報

混浴STYLE 総合評価 4
泉質
適温
設備
清潔感
雰囲気
眺め
穴場度
丸見え度
カップルにおすすめ度

施設・旅館名 奥の湯
おくのゆ
所在地 〒869-2402 熊本県阿蘇郡南小国町満願寺黒川6567
連絡先 0967-44-0021
温泉名 黒川温泉(くろかわおんせん)
泉質 ナトリウム・塩化物硫酸塩泉
(弱酸性低張性高温泉)
お風呂 混浴:露天風呂3(20:00〜22:00女性専用)
女性専用:露天風呂1、内湯2
男性専用:内湯2
貸切風呂:内湯3
日帰り温泉 時間:8:30~21:00
料金:大人500円
備品 ドライヤー、シャンプー・リンス・ボディソープ、手ぬぐい、綿棒など

蜜月檸檬(みつげつれもん)

混浴温泉に魅せられて全国の秘湯をめぐっています。 「混浴STYLE」を運営。ライター、混浴温泉モデルも担当。 Jタウンネットで混浴コラム連載中です。

プロフィール

同じ都道府県の混浴を見る

  1. この記事へのコメントはありません。